久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

アルコール関連問題予防センターの活動

アルコール関連問題を未然に防ぐための知識を啓発、不顕性の問題をもつ人々への早期アプローチの実施、すでに顕在化した問題をもつ人々の社会復帰と再燃予防の支援、専門職者への予防教育とネットワークを構築する等の活動を通してアルコール関連問題の予防に寄与する活動を行っています。

主な活動

1. 一次予防

若者の飲酒を考えるフォーラム実行委員会の事務局の設置し、その活動の支援を行っています。
学生のためのアルコール問題防止教育プログラム

2. 二次予防

プレアルコホリック教育プログラムを第二木曜日の午後に開催しています。
*プレアルコホリックとは、アルコール依存症ではないが、飲酒に関係した身体的・精神的・家族的・社会的問題を有した人々のことです。

3. 三次予防

外来患者のためのミーティングを毎週火曜日の午後に開催しています。
対象は、アルコール関連問題予防センターでデイケア治療を受けたアルコール依存症者です。
 飲酒運転者のための教育プログラムを不定期で実施しています。

4. アルコール問題予防の専門職者の育成とネットワークの構築

ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.