久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

2009年度研究業績

    英文原著

  1. Osaki Y, Tanihata T, Ohida T, Kanda H, Suzuki K, Higuchi S, Kaneita Y, Minowa M, Hayashi K: Decrease in the prevalence of adolescent alcohol use and its possible causes in Japan: periodical nationwide cross-sectional surveys. Alcohol Clin Exp Res 33: 247-254, 2009.05.
  2. Yokoyama A, Omori T, Yokoyama T, Kawakubo H, Mori S, Matsui T, Maruyama K: Chronic atrophic gastritis and metachronous gastric cancer in Japanese alcoholic men with esophageal squamous cell carcinoma. Alcohol Clin Exp Res 33: 898-905, 2009.05.
  3. Miyashita A, Arai H, Asada T, Imagawa M, Shoji M, Higuchi S, Urakami K, Toyabe S, Akazawa K, Kanazawa I, Ihara Y, Kuwano R: GAB2 is not associated with late-onset Alzheimer’s disease in Japanese. European J Human Genetics 17: 682-686, 2009.05.
  4. Takei N, Miyashita A, Tsukie T, Arai H, Asada T, Imagawa M, Shoji M, Higuchi S, Urakami K, Kimura H, Kakita A, Takahashi H, Tsuji S, Kanazawa I, Ihara Y, Odani S, Kuwano R: Genetic association study on in and around the APOE in late-onset Alzheimer disease in Japanese. Genomics 93: 441-448, 2009.05.
  5. Skoglund L, Ingvast S, Matsui T, Freeman S, Frosch M, Grawdon J, Hyman B, Lars L, Ingelsson M: No evidence of PGRN or MAPT gene dosage alterations in a collaction of patients with frontotemporal lober degeneration. Dementia 28: 471-475, 2009.11.
  6. Sawayama T, Yoneda J, Tanaka K, Shirakawa N, Sawayama E, Higuchi S, Miyaoka H: Assessing multidimensional cognitions of drinking among alcohol-dependent patients: Development and validation of a drinking-related cognitions scale (DRCS). Addictive Behaviors 34: 82-85, 2009.
  7. Yokoyama A, Kumagai Y, Yokoyama T, Omori T, Kato H, Igaki H, Tsujinaka T, Muto M, Yokoyama M, Watanabe H: Health risk appraisal models for mass screening for esophageal and pharyngeal cancer: an endoscopic follow-up study of cancer-free Japanese men. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 18: 651-655, 2009.
  8. Boccia S, Hashibe M, Galli P, Asakage T, Hashimoto T, Hiraki A, Katoh T, Nomura T, Yokoyama A, Van Duijin CM, Ricciardi G, Boffetta P: Aldehyde dehydrogenase 2 and head and neck cancer: a meta-analysis implementing a Mendlian randomization approach. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 18: 248-254, 2009.
  9. Brooks PJ, Enoch MA, Doldman D, Li TK, Yokoyama A: The alcohol flushing response: an unrecognized risk factor of esophageal cancer from alcohol consumption. PLoS Med 6: 258-263, 2009.
  10. Fukumoto N, Fujii T, Combarros O, Kamboh M, Tsai SJ, Matsushita S, Nacmias B, Comings DE, Arboleda H, Ingelsson M, Hyman BT, Akatsu H, Grupe A, Nishimura AL, Zatz M, Mattila KM, Rinne J, Goto Y, Asada T, Nakamura S, Kunugi H: Sexually dimorphic effect of the Val66Met polymorphism of BDNF on susceptibility to Alzheimer’s disease: New data and meta-analysis. American J of Medical Genetics: 235-242, 2009.
  11. Kimura M, Sawayama T, Matsushita S, Higuchi S, Kashima H: Association between personality traits and ALDH2 polymorphism in Japanese male alcoholics. Alcohol Clin Exp Res 33: 799-804, 2009.
  12. Haraguchi A, Ogai Y, Senoo E, Saito S, Suzuki Y, Yoshino A, Ino A, Yanbe K, Hasegawa M, Murakami M, Murayama M, Ishikawa T, Higuchi S, Ikeda K: Varification of the addiction severity index Japanese version (ASI-J) as a treatment-customization, prediction, and comparison tool for alcohol-dependent individuals. Int J Environ Res Public Health 6: 2205-2225, 2009.

    英文著書

  1. Ishiguro H, Koga M, Horiucho Y, Onaivi ES, Higuchi S: Development of biomarkers for alcoholism and polysubstance abuse. Ritsner MS (ed) The Handbook of Neuropsychiatric Biomarkers, Endophenotypes and Genes. pp. 183-193, Molecular Genetic and Genomic Markers, 2009.

    和文原著

  1. 松井敏史横山 顕松下幸生宮川朋大小川隆一森 朱夏木村 充真栄里 仁遠藤光一中山寿一林 恵美子樋口 進丸山勝也:アルコール依存症患者における骨密度悪化因子と断酒治療に伴う骨改善効果.Osteoporosis Jpn 17:708-713,2009.10.
  2. 松下幸生樋口 進:アルコール関連障害と自殺.精神神経学雑誌 111:1191-1202,2009.10.
  3. 松下幸生樋口 進:アルコール依存.精神科 15:459-465,2009.
  4. 伊藤 満石井雄吉:コラージュの変化を通してみたアルコール依存症者の病理性.心理学研究 80:215-222,2009.

    和文総説

  1. 樋口 進:わが国の飲酒パターンとアルコール関連問題.日本精神科病院協会雑誌 28:7-12,2009.05.
  2. 中山寿一樋口 進:常習飲酒運転者におけるアルコール使用障害の実態.日本精神科病院協会雑誌 28:316-318,2009.05.
  3. 横山 顕:アルコール代謝酵素の遺伝子検査.Medical Technology 37:1036-1041,2009.10.
  4. 真栄里 仁横山 顕松下幸生森川すいめい,真栄里恭子,樋口 進:アルコール依存症外来治療のノウハウ.糖尿病診療マスター 7:567-571,2009.11.
  5. 横山 顕:食道がんのリスクファクターとサーベイランス.診断と治療 97:2229-2234,2009.11.
  6. 樋口 進:病気のはなし「アルコール依存症」.検査と技術 37:1430-1436,2009.12.
  7. 丸山勝也:アルコール性肝障害の最近の動向:断酒はどのように指導するか?.成人病と生活習慣病 39:352-358,2009.
  8. 丸山勝也:アルコール性肝障害患者のスクリーニングと管理.最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 62:200-208,2009.
  9. 樋口 進:精神医学関連学会の最近の活動.精神医学 51:594,2009.
  10. 森川すいめい久冨暢子真栄里 仁樋口 進:プレアルコホリズムの臨床研究における意義.精神科治療学 24:949-957,2009.
  11. 樋口 進:多量飲酒に対する簡易介入のツールとしてのAUDIT-C.MMJ 5:367,2009.
  12. 樋口 進:精神疾患とアルコール使用障害との合併:その双方的関係.精神神経学雑誌 111:823-824,2009.
  13. 松下幸生樋口 進:アルコールと認知障害.精神神経学雑誌 111:849,2009.
  14. 真栄里 仁横山 顕松下幸生,真栄里恭子,樋口 進:アルコール依存症外来治療のノウハウ.糖尿病診療マスター 7:567-571,2009.
  15. 木村 充宮川朋大宗 未来松下幸生樋口 進:ADH, ALDH遺伝子多型と性差.日本アルコール・薬物医学会雑誌 44:686-689,2009.
  16. 松下幸生原 幸子,Roh Sungwon,宮川朋大木村 充真栄里 仁松井敏史樋口 進:アルコールに対する感受性とアルコール代謝酵素遺伝子多型および他の遺伝子多型との相関研究.日本アルコール・薬物医学会雑誌 44:690-696,2009.
  17. 森 朱夏横山 顕:喫煙と消化器疾患.診断と治療 97:1371-1374,2009.
  18. 横山 顕:アルコール性肝炎と非アルコール脂肪性肝炎.e−ヘルスネット,2009.
  19. 松井敏史:アルコールと痛風.e−ヘルスネット,2009.
  20. 森 朱夏:アルコールと糖尿病.e−ヘルスネット,2009.
  21. 森 朱夏:アルコールと高脂血症.e−ヘルスネット,2009.
  22. 宮川朋大:酔い方の異常.e−ヘルスネット,2009.
  23. 樋口 進:二日酔いのメカニズム.e−ヘルスネット,2009.
  24. 宮川朋大:アルコールと性差.e−ヘルスネット,2009.
  25. 松下幸生:アルコール依存症の危険因子.e−ヘルスネット,2009.
  26. 松下幸生:アルコール依存症と遺伝.e−ヘルスネット,2009.
  27. 樋口 進:抗酒薬.e−ヘルスネット,2009.
  28. 樋口 進:自助グループ.e−ヘルスネット,2009.
  29. 樋口 進:アルコールの運転技能への影響.e−ヘルスネット,2009.

    和文著書

  1. 丸山勝也横山 顕,曽川一幸,野村文夫:血清フリーグリセロール(FG)の飲酒マーカーとしての有用性−5.9kDペプチドとの比較−.アルコールと医学生物学研究会(編)アルコールと医学生物学Vol.28.pp. 33-38,東洋書店,東京,2009.
  2. 松井敏史松下幸生横山 顕真栄里 仁小川隆一森 朱夏国重知子樋口 進丸山勝也:アルコール依存症患者における骨密度の決定因子.アルコールと医学生物学研究会(編)アルコールと医学生物学Vol.28.pp. 70-72,東洋書店,東京,2009.
  3. 丸山勝也水上由紀:アルコール.日本臨床栄養学会監修 臨床栄養医学.pp.130-134,南山堂,東京,2009.
  4. 丸山勝也水上由紀:アルコール性身体疾患.日本臨床栄養学会監修 臨床栄養医学.pp.288-292,南山堂,東京,2009.
  5. 樋口 進:独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センター精神科.中村康生(編)医者がすすめる専門病院:神奈川県全面改訂最新版.pp.457,ライフ企画,茅ヶ崎,2009.
  6. 樋口 進:日本人コメント5本.津谷喜一郎(編)鍼のエビデンス増補改訂版.pp.2-14,医道の日本社,横須賀,2009.
  7. 樋口 進:薬物のない学生生活のために.白金通信.pp.13-14,明治学院大学広報,東京,2009.
  8. 森川すいめい樋口 進:わが国における女性の飲酒の背景とその問題.母子衛生研究会(編)母子保健ハンドブック.pp.224-227,母子保健事業団,東京,2009.
  9. 樋口 進:健康づくりQ&A「お酒を飲んで海やプールに入ったら,なぜいけないのでしょうか」.健康づくり2009年8月号.pp.24,健康・体力づくり事業財団,東京,2009.
  10. 樋口 進:健康づくりQ&A「アルコール依存症とはどのような状態なのですか.また治療法を教えて下さい」.健康づくり2009年8月号.pp.24,健康・体力づくり事業財団,東京,2009.
  11. 樋口 進:アルコール関連問題と地域保健活動.精神保健白書編集委員会(編)精神保健白書2010年版.pp.74,中央法規,東京,2009.
  12. 松下幸生樋口 進:アルコール・薬物依存と注意障害−精神作用物質使用障害(SUD)とADHDとの関連を中心に.加藤元一郎,鹿島晴雄(編)専門医のための精神科臨床リュミエール10.pp.173-182,中山書店,東京,2009.
  13. 松下幸生:病因:生物学.鹿島晴雄,宮岡等(編)よくわかるうつ病のすべて−早期発見から治療まで−.pp.15-32,永井書店,大阪市,2009.
ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.