久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

2010年度研究業績

    英文原著

  1. Maruyama K, Harada S, Yokoyama A, Mizukami S, Naruse S, Hirota M, Nishimori I, Otsuki M: Association analyses of genetic polymorphisms of GSTM1, GSTT1, NQO1, NAT2, LPL, PRSS1, PSTI, and CFTR with chronic alcoholic pancreatitis in Japan. Alcohol Clin Exp Res 34: S34-S38, 2010.02.
  2. Ishiguro H, Carpio O, Horiuchi Y, Shu A, Higuchi S, Schanz N, Benno R, Arinami T, Onaivi ES: A nonsynonymous polymorphism in cannabinoid CB2 receptor gene is associated with eating disorders in humans and food intake is modified in mice by its ligands. Synapse 64: 92-96, 2010.01.
  3. Hayashida M, Iwao-Koizumi K, Murata S, Yokoyama A, Kinoshita K: Genotyping of polymorphisms in alcohol and aldehyde dehydrogenase genes by direct application of PCR-RFLP on dried blood without DNA extraction. Anal Sci 26: 503-505, 2010.04.
  4. Matsui T, Yokoyama A, Matsushita S, Mori S, Arai H, Higuchi S, Maruyama K: Changes in the serum bone metabolism markers of elderly alcoholics during abstinence. JAGS 58: 984-985, 2010.05.
  5. Matsui T, Yokoyama A, Matsushita S, Ogawa R, Mori S, Hayashi E, Roh S, Higuchi S, Arai H, Maruyama K: Effect of a comprehensive lifestyle modification program on the bone density of male heavy drinkers. Alcohol Clin Exp Res 34: 869-875, 2010.05.
  6. Yokoyama A, Tsutsumi E, Imazeki H, Suwa Y, Nakamura C, Yokoyama T: Polymorphisms of alcohol dehydrogenase-1B and aldehyde dehydrogenase-2 and the blood and salivary ethanol and acetaldehyde concentrations of Japanese alcoholic men. Alcohol Clin Exp Res 34: 1246-1256, 2010.07.
  7. Yokoyama A, Omori T, Yokoyama T: Alcohol and aldehyde dehydrogenase polymorphisms and a new strategy for prevention and screening for cancer in the upper aerodigestive tract in East Asians. Keio J Med 59: 115-130, 2010.12.
  8. Yand SJ, Yokoyama A, Yokoyama T, Huang Y, Wu S, Shao Y, Niu J, Wang J, Liu Y, Zhou X, Yang C: Relationship between genetic polymorphisms of ALDH2 and ADH1B and esophageal cancer risk: A meta-analysis. World J Gastroenterol 16: 4210-4220, 2010.09.
  9. Aida J, Yokoyama A, Izumiyama N, Nakamura K, Ishikawa N, Poon S, Fujiwara M, Sawabe M, Matsuura M, Arai T, Takubo K: Alcoholics show reduced telomere length in the oesophagus. J Pathol 223: 410-416, 2010.10
  10. Yokoyama A, Yokoyama T, Omori T: Past and current tendency for facial flushing after a small dose of alcohol is a marker for increased risk of upper aerodigestive tract cancer in Japanese drinkers. Cancer Sci 101: 2497-2498, 2010.11.

和文原著

  1. 松井敏史横山 顕松下幸生宮川朋大森 朱夏遠藤光一中山寿一早坂 佑林 恵美子原 幸子樋口 進丸山勝也:アルコール依存症患者における骨粗鬆症の頻度と断酒治療に伴う修復過程(2年目)とアセトアルデヒド脱水素酵素多型によるアルコール代謝の骨に与える影響.Osteoporosis Jpn 18:689-696,2010.10.
  2. 猪野亜朗,岡村広志,崎山 忍,和田文明,樋口 進,尾崎米厚:介入ツール−飲酒の国民標準表(成人男女別)−第1報.日本アルコール・薬物医学会雑誌 45:38-48,2010.

和文総説

  1. 樋口 進:特集「アルコール使用障害:どのようにして治療するか」エディトリアル.カレントテラピー 28:107,2010.02.
  2. 宮川朋大:女性症例の特徴と治療.カレントテラピー 28:48-52,2010.02.
  3. 横山 顕:アルコールとがん.カレントテラピー 28:79,2010.02.
  4. 丸山勝也:身体合併症.カレントテラピー 28:113-117,2010.02.
  5. 真栄里 仁森川すいめい久冨暢子樋口 進:プレアルコホリズムとその治療.カレントテラピー 28:144-147,2010.02.
  6. 松下幸生:介護現場における対応.カレントテラピー 28:173-177,2010.02.
  7. 樋口 進,加藤眞三,杠 岳文:座談会 アルコール使用障害:現場での対応.カレントテラピー 28:184-195,2010.02.
  8. 細川裕子横山 顕,横山徹爾,和田則仁,森 朱夏松井敏史水上由紀真栄里 仁丸山勝也:アルコール依存症男性における飲酒・喫煙・食生活とbody mass indexとの関わりについて.日本アルコール・薬物医学会雑誌 45:25-37,2010.02.
  9. 横山 顕,大森 泰,横山徹爾,佐藤靖夫,川久保博文,森 朱夏松井敏史丸山勝也:中・下咽頭領域の表在癌の危険因子.胃と腸 45:180-189,2010.02.
  10. 丸山勝也:アルコール依存症への警告.三田評論 1134:60-64,2010.05.
  11. 松下幸生:高齢化社会の中でのアルコール問題.日本アルコール関連問題学会雑誌 12:64-71,2010.07.
  12. 丸山勝也:節度ある適度な飲酒とは−飲酒の功罪−.日本醸造協会誌 105:432-439,2010.07.
  13. 松下幸生,松井敏史,樋口 進:アルコール依存症に併存する認知症.精神神経学雑誌 112:774-779,2010.08.
  14. 松井敏史樋口 進:アルコール認知症について.日本医事新報 4505:78-80,2010.08.
  15. 松下幸生:精神疾患と肝疾患.成人病と生活習慣病 40:1135-1140,2010.10.
  16. 横山 顕:飲酒とがん.診断と治療 98:2027-2033,2010.12.
  17. 樋口 進:Dr’s Review 今月の一冊 精神科医療のあり方.Jamic Journal 30:22,2010.
  18. 樋口 進:精神医学関連学会の最近の活動:日本アルコール・薬物医学会.精神医学 52:604,2010.
  19. 樋口 進:アルコール依存症の不眠について.CLINICIAN 590:14-16,2010.
  20. 丸山勝也:断酒のノウハウ.Life Style Medicine 4:88-93,2010.
  21. 丸山勝也:アルコール依存症.診断と治療 98 増刊号:66-70,2010.
  22. 遠藤光一樋口 進:泥酔したアルコール依存症患者の夜間救急対応.日本医事新報 4482:98-99,2010.
  23. 丸山勝也:慢性のアルコール障害(アルコール依存症).診断と治療98:1935-1941,2010.
  24. 真栄里 仁樋口 進:アルコール関連障害.臨床精神医 39:174-182,2010.

和文著書

  1. 山田真子,糸賀 栄,梅村啓史,野村文夫,曽川一幸,丸山勝也,瀧澤弘隆,横須賀 収:ネフェロメトリー法による血清糖鎖欠損トランスフェリン(CDT)測定の基礎的・臨床的検討.アルコールと医学生物学研究会(編)アルコールと医学生物学Vol.29.pp. 72-77,東洋書店,東京,2010.
  2. 樋口 進:アルコール使用障害.金澤一郎,永井良三(編)今日の診断指針 第6版.pp.1443-1445,医学書院,東京,2010.
  3. 樋口 進:アルコール依存症.山口徹,北原光夫,福井次矢(編)今日の治療指針,私はこうして治療している.pp.793-794,医学書院,東京,2010.
  4. 宮川朋大樋口 進:アルコール・薬物依存.中込和幸(編)専門医のための精神科臨床リュミエール.pp.34-48,中山書店,東京,2010.
  5. 樋口 進:日本における酒の飲まれ方.石井裕正(編)アルコールと健康に関する保健指導マニュアル.pp.9-19,東京,2010.
  6. 横山 顕:消化管癌とアルコール節酒.最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 62.pp.190-199,最新医学社,東京,2010.
  7. 松下幸生樋口 進:アルコール依存の遺伝子.神庭重信,加藤忠史(編)脳科学エッセンシャル−精神疾患の生物学的理解のために.pp.155-158,中山書店,東京,2010.
  8. 菊地蔵乃介,松下幸生樋口 進:高齢者のアルコール依存症.粟田主一(編)日常診療で出会う:高齢者精神障害の診かた.中外医学社,東京,2010.
  9. 樋口 進:健康づくりQ&A:女性は男性に比べてアルコールに弱いと聞きますが,なぜですか.また,体への影響についても教えてください.健康づくり.pp.26,健康・体力づくり事業財団,東京,2010.
  10. 樋口 進:アルコール依存症:昼からお酒を飲む夫が心配.家庭画報.pp.256,世界文化社,東京,2010.
  11. 樋口 進:アルコールと飲酒運転の心理作用.BAN. pp.11-18,株式会社教育システム,東京,2010
ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.