久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

2011年度研究業績

    英文原著

  1. Munezawa T, Kaneita Y, Osaki Y, Kanda H, Ohtsu T, Suzuki H, Minowa M, Suzuki K, Higuchi S, Mori J, Ohida T: Nightmare and sleep paralysis among Japanese adolescents: a nationwide representative survey. Sleep Med 12: 56-64, 2011.01.
  2. Osaki Y, Suzuki K, Wada K, Hitsumoto S: Association of parental factors with student smoking and alcohol use in Japan. J. Alcohol & Drug Dependence 46: 270-278, 2011.04.
  3. Kimura M, Higuchi S: Genetics of alcohol dependence. Psychiatry Clin Neurosci 65: 213-225, 2011.04.
  4. Skoglund L, Matsui T, Freeman SH, Wallin A, Blom ES, Frosch MP, Growdon JH, Hyman BT, Lannfelt L, Ingelsson M, Glaser A: Novel progranulin mutation detected in 2 patients with FTLD. Alzheimer Dis Assoc Disord 25: 173-178, 2011.04.
  5. Tokushige K, Hashimoto E, Horie Y, Taniai M, Higuchi S: Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease, alcoholicliver disease, and chronic liver disease of unknown etiology: report of the nationwide survey. J Gastroenterol 46: 1230-1237, 2011.07.
  6. Suzuki K, Takeda A, Yoshino A: Mortality 6 years after inpatient treatment of female Japanese patients with eating disorders associated with alcoholism. Psychiatry Clin Neurosci 65: 326-332, 2011.08.
  7. Matsumoto T, Azekawa T, Uchikado H, Ozaki S, Hasegawa N, Takekawa Y, Matsushita S: Comparative study of suicide risk in depressive disorder patients with and without problem drinking. Psychiatry Clin Neurosci 65: 529-532, 2011.08.
  8. Roh S, Matsushita S, Hara S, Maesato H, Suzuki G, Matsui T, Miyakawa T, Ramchandani VA, Li TK, Higuchi S: GABRA alleles moderate the subjective responses to alcohol. Alcohol Clin Exp Res 35: 400-407, 2011.
  9. Kimura M, Miyakawa T, Matsushita S, So M, Higuchi S: Gender differences in the effects of ADH1B and ALDH2 polymorphisms on alcoholism. Alcohol Clin Exp Res 35: 1923-1927, 2011.
  10. Ishiguro H, Onaibi ES, Horiuchi Y, Imai K, Komaki G, Ishikawa T, Suzuki M, Watanabe Y, Ando T, Higuchi S, Arinami T: Functional polymorphism in the GPR55 gene is associated with anorexia nervosa. Synapse 65: 103-108, 2011.
  11. Munezawa T, Kaneita Y, Osaki Y, Kanda H, Minowa M, Suzuki K, Higuchi S, Mori J, Ohida T: The association between use of mobile phones after lights out and sleep disturbances among Japanese adolescents: a nationwide cross-sectional survey. Sleep 34: 1013-1020, 2011.
  12. Sugaya N, Haraguchi A, Ogai Y, Senoo E, Higuchi S, Umeno M, Aikawa Y, Ikeda K: Family dysfunction differentially affects alcohol dependence and drug dependence: a view from the addiction severity index in Japan. Int J Environ Res Public Health 8: 3922-3937, 2011.
  13. Nakagawa Y, Yokoyama A, Nagai T, Okawara H, Nakashima H, Soga K, et al: Difference between urban and rural regions in Japan in estimated risk of esophageal cancer based on a health risk appraisal model that includes an alcohol flushing questionnaire. Esophagus 8: 97-105, 2011.
  14. Yokoyama A, Tanaka Y, Yokoyama T, Mizukami T, Matsui T, Maruyama K, Omori T: p53 protein accumulation, iodine-unstained lesions, and alcohol dehydrogenase1B and aldehyde dehydrogenase-2 genotypyes in Japanese alcoholic men with esophageal dysplasia. Cancer Lett 308: 112-117, 2011.

英文著書

  1. Matsushita S, Mimura M: Alcohol and toxin-related dementias. M.L. Albert, J.E. Knoefel (ed) , Clinical Neurology of Aging, pp. 235-239, Oxford University Press, New York, 2011.03.

和文原著

  1. 水上 健,鈴木秀和,日比紀文,今西宣晶,相磯貞和:過敏性腸症候群(IBS)治療への大腸画像検査の応用 CT colonograpy による腸管形態評価を含めて.消化器心身医学 18:57-65,2011.04.
  2. 横山 顕:食道表在癌の危険因子.胃と腸 増刊号 46:561-570,2011.05.
  3. 横山 顕:食道扁平上皮がんのハイリスク群の設定.日本臨牀 増刊号 69:42-47,2011.08.
  4. 中山秀紀,丸田真樹,浅利宏英,加藤章信:有床総合病院精神科における精神科医と非精神科医による精神科時間外診療.精神医学 53:855-862,2011.09.
  5. 鈴木健二松下幸生木村 充武田 綾樋口 進:未成年者飲酒問題コホート研究,10年間の追跡結果.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:470-485,2011.10.
  6. 松井敏史横山 顕水上 健丸山勝也松下幸生真栄里 仁吉村 淳中山秀紀中山寿一遠山朋海瀧村 剛林 恵美子原 幸子小笠原 元樋口 進:男性アルコール依存症患者における骨粗鬆症の治療−ビスホスホネート製剤による介入試験と骨代謝マーカーに与える影響.Osteoporosis Jpn 19:38-45,2011.11.
  7. 松下幸生松井敏史樋口 進:アルコール性認知症とコルサコフ症候群.日本臨牀 69:170-175,2011.12.
  8. 森 朱夏横山 顕松井敏史丸山勝也,大森 泰,川久保博文,佐藤靖夫:アルコール依存症者の咽頭展開法とヨード染色法を用いた内視鏡による頭頸部・食道癌検診.日本消化器内視鏡学会雑誌 53:1426-1434,2011.

和文総説

  1. 横山 顕:飲酒の習慣と発がん.産婦人科治療 102:34-39,2011.01.
  2. 松下幸生:飲酒運転を起こすドライバーの特徴について.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:29-40,2011.02.
  3. 真栄里 仁:飲酒運転の都道府県における相違.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:41-49,2011.02.
  4. 松下幸生:飲酒運転対策のエビデンス〜アルコール関連問題対策のエビデンスとインターロック装置の有効性について〜.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:170-181,2011.02.
  5. 松井敏史:高齢者における飲酒問題の傾向と対策.アルコール健康医学協会雑誌 17:2-6,2011.02.
  6. 丸山勝也水上由紀:アルコール依存症.Medicina 48:452-455,2011.03.
  7. 真栄里 仁藤田さかえ小林佐依子中島百合神田幸広桑田美子小野麻里子:アルコール依存症とネットワーク医療.日精協誌 30:39-43,2011.04.
  8. 丸山勝也:保険医療施設としてのアルコール依存症治療の点数化.日精協誌 30:57-61,2011.04.
  9. 横山 顕:食道がん「どのような人が食道がんにかかりやすいのでしょうか?またその場合どのようなことに注意したらいいのでしょうか?.治療 増刊号 93:836-838,2011.04.
  10. 横山 顕:食道癌対策最前線 食道扁平上皮癌の発癌メカニズムを解明する.Frontiers in Gastroenterology 16:138-144,2011.04.
  11. 水上 健:IBSの病態生理 IBSへの診断学的アプローチ.G.I. Research 19:142-148,2011.04.
  12. 丸山勝也:慢性のアルコール障害.日本薬剤師会雑誌 63:503-507,2011.05.
  13. 真栄里 仁樋口 進:アルコールと事故.産業精神保健 19:80-84,2011.06.
  14. 松下幸生:アルコール依存と他の精神障害−職場における留意点.産業精神保健 19:85-92,2011.06.
  15. 中山寿一樋口 進:飲酒運転の背景にあるもの.心と社会 42:70-74,2011.06.
  16. 松井敏史松下幸生樋口 進:【アルコール依存と併存症】認知症.精神科 18:611-617,2011.06.
  17. 畑 良明,長谷則子,西村 康,長谷 徹,井上裕之:う蝕ハイリスク児童の選択基準に関する検討−93年〜05年入学児童の推移について−.神奈川歯学 46:65-72,2011.06.
  18. 横山 顕:飲酒で赤くなる体質などの食道・頭頸部癌の危険因子と検診.MD+インターネット講演,2011.06.
  19. 松下幸生樋口 進:アルコール依存症の危険因子と経過.精神科診断学 4:70-77,2011.08.
  20. 水上 健:大腸内視鏡をマスターする[挿入法:S状結腸からSD曲の越え方]注水と脱気によるSD移行部通過法「浸水法」ヘアピン状腸管の通過,注水操作に適するスコープ選択.消化器内視鏡 23:1482-1488,2011.09.
  21. 横山 顕:消化器Q&A お酒に弱い人は食道がんになりやすいというのは,ほうとうですか?.消化器now 54:6,2011.09.
  22. 松井敏史松下幸生樋口 進:血液生化学検査と血中ホモシステイン(増刊8 認知症学(上).日本臨牀 69:484-488,2011.10.
  23. 瀧村 剛真栄里 仁樋口 進:若年者・女性の飲酒率:最近の動向.臨床栄養 119:643-645,2011.11.
  24. 横山 顕:食道癌とアルコールとの関連.臨床栄養 119:651-654,2011.11.
  25. 横山 顕:食道がんの早期発見と予防.総合臨牀 60:2313-2315,2011.11.
  26. 松井敏史吉村 淳遠山朋海松下幸生樋口 進:飲酒コントロールによる認知症予防(増刊10 認知症学(下).日本臨牀 69:217-222,2011.12.
  27. 横山 顕:アルコールとがん.日本医師会雑誌 140:1874-1878,2011.12.
  28. 真栄里 仁松下幸生樋口 進:女性のアルコール依存症.日本医師会雑誌 140:1890-1894,2011.12.
  29. 樋口 進:アルコール・薬物3学会合同飲酒運転対策プロジェクト,巻頭言.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:17-19,2011.
  30. 樋口 進:安全運転に影響する要因.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:113-126,2011.
  31. 樋口 進:アルコールの運転におよぼす影響.日本アルコール・薬物医学会雑誌 46:127-139,2011.
  32. 瀧村 剛樋口 進:アルコール離脱.臨床精神医学 40増刊号:67-71,2011.
  33. 松井敏史松下幸生樋口 進:認知症 特集 アルコール依存と併存症.精神科 18:611-618,2011.
  34. 松井敏史松下幸生樋口 進:認知症学上,その解明と治療の最新知見:血液生化学検査と血中ホモシステイン.日本臨牀 69(増刊8):484-488,2011.
  35. 北村大史樋口 進:認知症学下,その解明と治療の最新知見:抗精神病薬.日本臨牀 69(増刊10):162-165,2011.
  36. 松井敏史吉村 淳遠山朋海松下幸生樋口 進:認知症学上,その解明と治療の最新知見:飲酒コントロールによる認知症予防.日本臨牀 69(増刊10):217-222,2011.

和文著書

  1. 松下幸生:ギャンブル依存.福居顯二(編)脳とこころのプライマリケア 依存.pp.413-426,潟Vナジー,東京,2011.03.
  2. 真栄里 仁樋口 進:災害とアルコール 特集「東日本大震災とこころのゆくえ」.現代思想.pp.104-108,青土社,東京,2011.09.
  3. 遠藤光一樋口 進:アルコール依存症に対する認知行動療法について.上島国利ほか(編)EBM 精神疾患の治療.pp.295-299,中外医学社,東京,2011.
  4. 中山秀紀樋口 進:アルコール依存症.精神科研修ノート.診断と治療社,東京,2011.
  5. 樋口 進:生活習慣の改善 酒.小川哲平,猿田亨男,田村政紀(編)健診・人間ドックハンドブック(改訂4版).pp.53-60,中外医学社,東京,2011.
  6. 樋口 進:アルコール問題に関するわが国の現状とWHOの動き.社団法人アルコール健康医学協会30年のあゆみ.pp.81-82,太平社,東京,2011.
  7. 中山秀紀:アルコール依存.研修ノート.pp.401-404,診断と治療社,東京,2011.
  8. 中山秀紀樋口 進:物質依存の概念(ICD,DSMなど).精神科臨床リュミエール26依存症・衝動制御障害の治療.pp.2-13,中山書店,東京,2011.
  9. 樋口 進:薬物依存.山口 徹,北原光夫,福井次矢(編)今日の治療指針,私はこうして治療している.pp.53,医学書院,東京,2011.
  10. 樋口 進:アルコール依存症から抜け出す本.講談社,東京,2011.
ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.