久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

2012年度研究業績

    英文原著

  1. Yokoyama M, Suzuki N, Yokoyama T, Yokoyama A, Funazu K, Simizu T, Shibata M: Interactions between migraine and tension-type headache and alcohol drinking, alcohol flushing, and hangover in Japanese. J Headache Pain 13: 137-145, 2012.01.
  2. Mabuchi R, Kurita A, Miyoshi N, Yokoyama A, Furuta T, Goda T, Suwa Y, Kan T, Amagai T, Ohshima H: Analysis of N(ε)-ethyllysine in human plasma proteins by gas chromatography-negative ion chemical ionization/mass spectrometry as a biomarker for exposure to acetaldehyde and alcohol. Alcohol Clin Exp Res 36: 1013-1020, 2012.06.
  3. Maruyama K, Yokoyama A, Matsui T, Mizukami T, Mizukami Y, Sogawa K, Yokosuka O, Nomura F, Yokoyama T: Higher serum free glycerol levels in a group of alcoholics than in controls. Alcohol Clin Exp Res 36: 1820-1826, 2012.06.
  4. Yokoyama A, Hirota T, Omori T, Yokoyama T, Kawakubo H, Matsui T, Mizukami T, Mori S, Sugiura H, Maruyama K: Development of squamous neoplasia in esophageal iodine-unstained lesions and the alcohol and aldehyde dehydrogenase genotypes of Japanese alcoholic men. Int J Cancer 130: 2949-2960, 2012.06.
  5. Mizukami T, Ogata H, Hibi T: “Passive-bending colonoscope” significantly improves cecal intubation in difficult cases. J Gastroenterol 18: 4454-4456, 2012.08.
  6. Yukawa Y, Muto M, Hori K, Nagayoshi H, Yokoyama A, Chiba T, Matsuda T: Combination of ADH1B*2/ALDH2*2 polymorphisms alters acetaldehyde-derived DNA damage in the blood of Japanese alcoholics. Cancer Sci 103: 1651-1655, 2012.09.

和文原著

  1. 中山秀紀,浅利宏英,丸田真樹,加藤章信:総合病院精神科外来患者における喫煙状況.精神医学 54:67-74,2012.01.
  2. 松井敏史櫻井秀樹遠山朋海吉村 淳松下幸生樋口 進:アルコール認知症の画像解析.日本アルコール・薬物医学会雑誌 47:125-134,2012.06.
  3. 横山 顕:アルコールと消化管疾患−消化管がんを中心に−.日本消化器病学会雑誌 109:1518-1525,2012.09.
  4. 横山 顕:食道・中下咽頭癌の高危険群の特定とスクリーニング.消化器内科 55:416-423,2012.10.

和文総説

  1. 真栄里 仁樋口 進:抗酒剤(ノックビン)による精神症状.今日の精神疾患治療指針:464,2012.02.
  2. 真栄里 仁:ウェルニッケ・コルサコフ症候群.今日の精神疾患治療指針:616-618,2012.02.
  3. 中山寿一:WHOの「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」.公衆衛生 76:178-182,2012.03.
  4. 中山秀紀樋口 進:わが国のアルコール関連問題の現状と今後の対策.公衆衛生 76:183-186,2012.03.
  5. 松下幸生:アルコール依存症の治療総論.日本アルコール関連問題学会誌 14:62-67,2012.04.
  6. 中山寿一:認知行動療法.日本アルコール関連問題学会誌 14:52-54,2012.04.
  7. 松下幸生:高齢者の飲酒問題とその対処法について教えてください.治療 94:548-550,2012.04.
  8. 樋口 進:飲酒後に顔の赤くなる人は,お酒が体質に合っているのでしょうか? 治療 94:524-526,2012.04.
  9. 真栄里 仁横山 顕:女性は男性に比べて,飲酒の影響が出やすいと聞いていますが・・・.治療 94:544-546,2012.04.
  10. 吉村 淳樋口 進:外来でのアルコール依存の対応.治療 94:470-476,2012.04.
  11. 真栄里 仁,鈴木健二:胎児性アルコール症候群.内科 109:1259-1260,2012.06.
  12. 伊藤 満樋口 進:少酒−多量飲酒者の飲酒量を減らす指導法.からだの科学 増刊 これからの人間ドック健診:136-139,2012.07.
  13. 丸山勝也:バイオマーカー開発の最前線〜アルコール関連疾患への活用〜.アル健協NEWS & REPORTS 18:2-6,2012.07.
  14. 吉村 淳樋口 進:飲酒とヘルスプロモーション.小児内科 44:1367-1370,2012.08.
  15. 前園真毅三原聡子樋口 進:韓国におけるインターネット嗜癖(依存)の現状.精神医学 54:915-920,2012.09.
  16. 松下幸生樋口 進:自殺予防におけるアルコール対策.精神医学 54:1087-1095,2012.11.
  17. 松井敏史櫻井秀樹遠山朋海吉村 淳松下幸生樋口 進:アルコール依存症とWernicke’s encephalopathy.ビタミン 86:630-635,2012.11.
  18. 西田多美子:せん妄.精神症状のアセスメントとケアプラン:220-228,2012.11.
  19. 横山 顕:気管食道科領域における発癌のrisk factor −咽喉頭・食道について−.日本気管食道科学会「専門医通信」:5-13,2012.11.
  20. 松下幸生樋口 進:アルコール代謝とアルコール依存症.臨床検査 56:1427-1434,2012.12.
  21. 松井敏史横山 顕遠山朋海吉村 淳樋口祐子原 幸子松下幸生樋口 進:アルコール関連中枢・末梢神経障害.臨床検査 56:1447-1455,2012.12.
  22. 横山 顕:アルコールと発癌.臨床検査 56:1467-1471,2012.12.
  23. 水上 健:【トラブルを防ぐ!下部消化管内視鏡挿入法のコツ・検査のポイント】大腸内視鏡スムーズな挿入とコツと観察のポイント 体位変換をどう行うか.消化器の臨床 15:630-632,2012.12.
  24. 中村太一,伊藤鉄英,丸山勝也,下瀬川 徹:慢性膵炎診療における断酒・生活指導の問題点と今後の展望.膵臓 27:113-120,2012.
  25. 丸山勝也:断酒,節酒を可能とする指導法とはなにか.肝胆膵 64:885-891,2012.
  26. 横山 顕:アルコールとかかわりのある消化器癌.G.I. Research 20:312-318,2012.

和文著書

  1. 樋口 進:精神作用物質使用による精神および行動の障害.新版精神保健福祉士養成セミナー編集委員会(編)精神医学:精神疾患とその治療.pp. 67-81,へるす出版,東京,2012.
  2. 丸山勝也,水上由紀:アルコール依存症.馬場忠雄,山城雄一郎(編)新臨床栄養学.pp. 478-484,医学書院,東京,2012.
  3. 曽川一幸,飯田史枝,佐藤 守,川島祐介,山田真子,野村文雄,角谷真知子,和田芳直,瀧澤弘隆,丸山勝也:HPLCとMALDI-TOF MSによる血清糖鎖欠損トランスフェリンの評価.アルコールと医学生物学(編)アルコールと医学生物学.pp. 98-102,東洋書店,東京,2012.
ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.