久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

2013年度研究業績

    英文原著

  1. Sugimoto S, Mizukami T, Morohoshi Y, Komatsu H: Sigmoid volvulus associated with Chilaiditi’s syndrome. Intern Med 52: 515-516, 2013.02.
  2. Yokoyamja A, Oda J, Iriguchi Y, Kumagai Y, Okamura Y, Matsuoka M, Mizukami T, Yokoyama T: A health-risk appraisal model and endoscopic mass screening for esophageal cancer in Japanese men. Dis Esophagus 26: 148-153, 2013.02.
  3. Yokoyama A, Yokoyama T, Matsui T, Mizukami T, Kimura M, Matsushita S, Higuchi S, Maruyama K: Trends in gastrectomy and ADH1B and ALDH2 genotypes in Japanese alcoholic men and their gene-gastrectomy, gene-gene and gene-age interactions for risk of alcoholism. Alcohol Alcohol 48: 146-152, 2013.03.
  4. Miyashita A, Koike A, Jun G, Higuchi S, et al.: SOL1 is genetically assocaitrd with late-onset Alzheimer’s disease in Japanese, Koreans and Caicasians. PLoS One 8: e58618, 2013.05.
  5. Aida J, Yokoyama A, Shimomura N, et al.: Telomere shortening in the esophagus in Japanese alcoholics: relationships with chromoendoscopic findings, ALDH2 and ADH1B genotypes and smoking history. PLoS One 8: e63860, 2013.05.
  6. Itami O, Kaneita Y, Ikeda M, Kondo S, Yamamoto R, Osaki Y, Kanda H, Suzuki K, Higuchi S, Ohida T: Sleep drunkenness and sleep-related bruxism among Japanese adolescents: a nationwide representative survey. Sleep Med 14: 532-541, 2013.06.
  7. Yokoyama A, Yokoyama T, Matsui T, Mizukami T, Kimura M, Matsushita S, Higuchi S, Maruyama K: Alcohol dehydrogenase-1B genotype (rs 1229984) is a strong determinant of the relationship between body weight and alcohol intake in Japanese alcoholic men. Alcohol Clin Exp Res 37: 1123-1132, 2013.07.
  8. Yokoyama A, Mizukami T, Matsui T, et al.: Genetic polymorphisms of alcohol dehydrogenase-1B and aldehyde dehydrogenase-2 and liver cirrhosis, chronic calcific pancreatitis, diabetes mellitus, and hypertension among Japanese alcoholic men. Alcohol Clin Exp Res 37: 1391-1401, 2013.08.
  9. Sugimoto S, Mizukami T, Ito T, Tsunoda Y, et al.: Endoscopic detorsion for sigmoid volvulus using an unsedated water-immersion colonoscopy. Dig Endosc 45 Suppl: e263-264, 2013.09.
  10. Zhou Z, Karlsson C, Liang T, Xiong W, Kimura M, et al.: Loss of metabotropic glutamate receptor 2 escalates alcohol consumption. Proc Natl Acad sci USA 110: 16963-16968, 2013.10.
  11. Tanaka M, Nagai K, Koshiba H, Sudo N, Obara T, Matsui T, et al.: Weight loss and homeostatic imbalance of leptin and ghrelin levels in lean older adults. J Am Geriatr Soc 61: 2234-2236, 2013.12.
  12. Morioka H, Itani O, Kaneita Y, Ikeda M, Kondo S, Yamamoto R, Osaki Y, Kanda H, Higuchi S, Ohida T: Associations between sleep disturbance and alcohol-drinking: A large-scale epidemiological study of adolescents in Japan. Alcohol 47: 619-628, 2013.12.

和文原著

  1. 樋口 進,齋藤利和:飲酒量低減:アルコール依存症の治療ゴール.日本アルコール・薬物医学会雑誌 48:17-31,2013.02.
  2. 吉村 淳真栄里 仁久冨暢子樋口 進:プレアルコホリズムとそのアルコール依存症に対する飲酒量低減を目標とした治療の実際.日本アルコール・薬物医学会雑誌 48:39-46,2013.02.
  3. 真栄里 仁佐久間寛之木村 充中山秀紀瀧村 剛吉村 淳樋口 進,他:アルコール依存症治療目標についての医師,依存症者への調査.日本アルコール・薬物医学会雑誌 48:64-75,2013.02.
  4. 横山 顕:食道扁平上皮癌のハイリスクグループ.日本消化器病学会雑誌 110:1745-1752,2013.
  5. 横山 顕松井敏史水上 健松下幸生樋口 進丸山勝也,横山徹爾:アルコール脱水素酵素1Bの遺伝子多型はアルコール依存症男性の体重と飲酒量との関連の強力な規定因子である.アルコールと医学生物学 32:80-83,2013.
  6. 横山 顕水上 健松井敏史木村 充松下幸生樋口 進丸山勝也,横山徹爾:アルコール依存症男性のアルコール脱水素酵素1Bとアルデヒド脱水素酵素2と肝硬変,膵石灰化,糖尿病,高血圧の合併との関連.アルコールと医学生物学 32:102-107,2013.
  7. 水上 健:過敏性腸症候群の大腸画像評価法の確立.Pharma Medica 31: 86-87, 2013.

和文総説

  1. 三浦総一郎,鳥居 明,二神生爾,水上 健:【機能性消化管障害(FGID):診断と治療の進歩】機能性消化管障害 診断・治療の進歩と今後の展開.日本内科学会雑誌 102:110-130,2013.01.
  2. 水上 健:【腸と脳の不思議な関係 脳腸相関にみる抹消と中枢のコミュニケーション】過敏性腸症候群にみる腸と脳の危うい関係.Credentials: 10-11, 2013.01.
  3. 松下幸生樋口 進:災害とアルコール関連問題.トラウマティック・ストレス 10:175-181,2013.02.
  4. 中島百合:精神科病床のラウンド.Infection Control 22:54-57, 2013.03.
  5. 丸山勝也:私はこう治療する アルコール依存症.診断と治療 101:1569-1573,2013.
  6. 丸山勝也:飲みすぎと関連する症候・疾患.JIM 23:960-962,2013.
  7. 丸山勝也:アルコールと臓器.医療の広場 8:24-26,2013.
  8. 遠山朋海樋口 進:断酒補助剤「レグテクト」のインパクト.Pharm Stage 13:43-44, 2013.
  9. 木村 充中山秀紀吉村 淳佐久間寛之遠山朋海松下幸生:アルコール依存症の薬物療法・精神療法.日本サイコセラピー学会雑誌 14:59-64,2013.
  10. 木村 充中山秀紀:アルコール依存症のリハビリテーション.総合リハビリテーション 41:643-647,2013.
  11. 松井敏史:認知症の背景因子−生活習慣病との関連.三鷹醫人往来 35:13-19,2013.
  12. 松井敏史:経度認知機能障害.横須賀医師会すこやか通信:10,2013.
  13. 真栄里 仁松下幸生樋口 進:物質使用障害の併存精神障害(重複障害).精神科治療学 28増刊号:40-45,2013.
  14. 佐久間寛之樋口 進:アルコール使用障害に対する薬物治療.精神科治療学 28増刊号:141-146,2013.
  15. 松下幸生樋口 進:アルコール問題と自殺.精神科治療学 28増刊号:178-182,2013.
  16. 中山秀紀三原聡子樋口 進:インターネット依存(嗜癖)の臨床的特徴と治療.精神科治療学 28増刊号:345-349,2013.
  17. 佐久間寛之樋口 進:アカンプロサート:飲酒欲求を抑えるあたらしい薬剤.医学のあゆみ 247:281-282,2013.
  18. 樋口 進:特集「アルコール関連問題とその対策,進歩と展望」巻頭言.Prog Med 33: 801-802, 2013.
  19. 樋口 進:WHOアルコールの有害な使用を低減するための世界戦略およびその他の世界の動き.Prog Med 33: 809-812, 2013.
  20. 瀧村 剛:アルコール対策の新しい動き 健康日本21(第2次)によるアルコール関連対策.Prog Med 33: 817-820, 2013.
  21. 松井敏史,遠山朋海,美濃部るり子,櫻井秀樹,木村 充,松下 幸生:アルコールに関連する健康障害の知見:最近の進歩と今後の展望 認知症.Prog Med 33: 847-855, 2013.
  22. 松下幸生:アルコール使用障害の診断・治療の進歩と今後の展望 4)薬物治療.Prog Med 33: 881-885, 2013.
  23. 真栄里 仁松下幸生:アルコールにまつわる諸問題 3)女性・高齢者の飲酒.Prog Med 33: 899-903, 2013.
  24. 木村 充:大量飲酒のバイオマーカー.Prog Med 33: 911-914, 2013.
  25. 横山 顕:ADH1B, ALDH2の健康障害への影響.Prog Med 33: 915-919, 2013.
  26. 橋本琢麿三原聡子前園真毅中山秀紀北村大史越野仁美樋口 進:依存しやすいネット上のサービス:オンラインゲームを中心に.公衆衛生情報:4-5,2013.
  27. 三原聡子橋本琢麿前園真毅越野仁美北村大史中山秀紀樋口 進:ネット依存の現状と治療.公衆衛生情報:6-7,2013.
  28. 越野仁美中山秀紀三原聡子前園真毅橋本琢麿北村大史樋口 進:韓国におけるインターネット依存の現状と対策.公衆衛生情報:8-9,2013.
  29. 樋口 進:アルコール依存症と薬物治療の新たな展開:断酒補助薬レグテクト錠.KYO 176:1-9,2013.
  30. 樋口 進:発刊にあたって.Frontiers in Alcoholism 1: 1, 2013.
  31. 樋口 進:アカンプロサートの国内臨床試験・海外での評価.Frontiers in Alcoholism 1: 35-43, 2013.
  32. 樋口 進:アカンプロサートの国内外の治験成績と適切な使用方法.Pharma Medica 31: 92-93, 2013.
  33. 中山秀紀樋口 進:インターネット嗜癖(依存)とは.心と社会 44:59-64,2013.
  34. 真栄里 仁:女性と高齢者のアルコール問題.医療の広場,2013.
  35. 西岡直也:医療観察法対象者の被害者の保護について−指定入院医療機関の立場から−.精神科 22:430-434,2013.04.
  36. 中山秀紀松下幸生:アルコール依存症者に対する新しい認知行動療法.日本アルコール関連問題学会雑誌15:2-6,2013.04.
  37. 河本泰信:アディクションからの回復に果たす罪悪感の役割−内観療法の視点から−.日本アルコール関連問題学会雑誌15:7-10,2013.04.
  38. 河本泰信:アルコール依存症におけるtopiramateの飲酒量低減効果について.日本アルコール・薬物医学会雑誌 48:153-168,2013.04.
  39. 河本泰信:ドメスティックバイオレンス(DV)における被害者支援について.精神療法 39:417-422,2013.06.
  40. 瀧村 剛松下幸生:アルコール関連問題とは?その広がりと深まり.医療の広場 53:23-25,2013.07.
  41. 吉村 淳樋口 進:軽症のアルコール依存に対する薬物療法.精神科治療学 28:915-920,2013.07.
  42. 伊藤 満樋口 進:AUDITとブリーフインターベンションの基礎知識.月刊地域保健 44:18-23,2013.08.
  43. 遠山朋海松下幸生:アルコール依存.日本臨牀 71:1837-1841,2013.10.
  44. 瀧村 剛:飲酒による健康障害.リエール:24-25,2013.10.
  45. 吉村 淳樋口 進:アルコール・薬物依存症.日本医師会雑誌 142:S312-S314,2013.10.
  46. 河本泰信:病的ギャンブリングに対する内観療法の使い方.精神科治療学 28:317-319,2013.10.
  47. 遠山朋海樋口 進:プライマリ・ケア医に使いこなしてほしい薬物.JIM 23:946-949,2013.11.
  48. 丸山勝也:アルコール健康障害対策基本法で何が変わるか−身体疾患に取り組む立場から−.日本アルコール関連問題学会雑誌 15:19-22,2013.12.
  49. 松下幸生真栄里 仁樋口 進:「アルコール健康障害対策基本法」制定までの記録−アルコール関連学会の動き−.日本アルコール関連問題学会雑誌 15:54-76,2013.12.
  50. 山本 史.久里浜式認知行動療法.日本アルコール関連問題学会雑誌 15:93-97,2013.12.
  51. 横山 顕.アルコール分解酵素の遺伝子型と生活習慣に基づく食道癌リスク評価.日本がん検診・診断学会誌 21:134-140,2013.12.

和文著書

  1. 丸山勝也:アルコール関連問題と臓器障害:肝臓専門医が知っておくべきこと.竹井謙之,竹原徹郎,持田 智(編)Hepatollogy Practice第2巻NASH・アルコール性肝障害の診療を極める,pp221-225,光文堂,東京,2013.
  2. 吉村 淳樋口 進:断酒か,節酒か!?ナルメフェンへの期待.竹井謙之,竹原徹郎,持田 智(編)Hepatollogy Practice第2巻NASH・アルコール性肝障害の診療を極める,pp337-339,光文堂,東京,2013.
  3. 松下幸生樋口 進:酒に強い人,弱い人.和田 清(編)精神科臨床エキスパートシリーズ,依存と嗜癖:どう理解し,どう対処するか,pp90-101,医学書院,東京,2013.
  4. 中山秀紀三原聡子樋口 進:インターネット嗜癖.和田 清(編)精神科臨床エキスパートシリーズ,依存と嗜癖:どう理解し,どう対処するか,pp167-176,医学書院,東京,2013.
  5. 樋口 進:生活習慣の改善 酒.小川哲平,猿田亨男,田村政紀(編)健診・人間ドックハンドブック(改訂5版),pp53-60,中外医学社,東京,2013.
  6. 樋口 進:フォーラムの意義.若者の飲酒を考えるフォーラム実行委員会(編)若者の飲酒を考えるフォーラム20年のあゆみ,pp23,横須賀,2013.
  7. 樋口 進:依存症に対する医療及びその回復支援に関する検討会.精神保健福祉白書編集委員会(編)精神保健福祉白書2014年版,pp24,中央法規,東京,2013.
  8. 佐久間寛之樋口 進:健康づくりQ&A:急性アルコール中毒が原因で命を落とすといった報道を目にします.お酒を飲む際に特に注意すべきことを教えてください.健康づくり2013年12月号,pp24,健康・体力づくり事業財団,東京,2013.
  9. 真栄里 仁樋口 進:飲酒と健康.大修館書店(編)現代高等保健体育教授用参考資料,pp80-87,大修館書店,東京,2013.
  10. 樋口 進:嗜癖(依存症)について考える.クレデンシャル,pp5-11,日本アルトマーク,東京,2013.
ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.