久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English
社会復帰に向けた対象者の自己効力感の変化に関する疫学研究

a)背景および目的
医療観察法入院中の対象者が社会復帰する場合、退院に対する自己効力感が大切であると言われています。当センター医療観察法病棟では社会復帰に向けた治療プログラムを日々実施していますが、本研究では既存するカルテの情報を用いて、治療プログラムを受けた対象者の自己効力感変化をSECL(自己効力感尺度)を使用して調査集計し考察します。

b)研究対象者
平成20年以降に久里浜医療センターしおさい病棟で、SECLに適応した治療プログラムを受けた約 20名の保管されているカルテを対象とします。

c)研究方法
カルテに記載された診断名、性別、年齢、処方内容と、治療プログラムを受ける前後の自己効力感との関連を研究します。
この調査では、上記内容を活用させていただきますが、集計解析の際に匿名化を行い、患者様の個人情報を厳重に保護し、患者様に不利益が生じないように配慮いたします。この調査によって得られた情報は研究の目的以外には使用いたしません。カルテのみの調査であり、電話や手紙などで患者様に直接情報を伺うことはありません。対象に該当する患者様で、この研究についての疑問または情報提供拒否のご意見がございましたら、下記の研究代表者までお知らせ下さい。ご連絡がない場合は貴重なデーターとして本研究に活用させていただきます。

研究期間:平成28年4月〜平成29年2月まで
久里浜医療センター倫理委員会:2016年7月21日承認
研究代表者:国立病院機構久里浜医療センター しおさい病棟 塘 祐樹

 

ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.