久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

薬剤部門

久里浜医療センター薬剤科では、5名の薬剤師が業務を行っています。 患者さんに安心してお薬を服用していただくためにさまざまなことに取り組んでいます。

   「院外処方せん」について

業務内容

      ・調剤業務
      ・医薬品管理
      ・医薬品情報管理
      ・服薬指導
      ・治験
      ・院内活動の参加
      (ICT医療安全褥創対策ARP勉強会
      ・薬剤科の業績
      ・学生実習受け入れについて
      ・お薬Q&A

調剤業務

外来及び入院患者さんの治療に使うお薬を作っています。
医師の発行した処方箋に基づき調剤します。

1)内服薬

口から飲み込むお薬のことを言います。
患者さんの年齢・性別などから、薬の量及び種類が適切か、薬どうしの相性は悪くないか、効能が重複する薬が出ていないか、などをチェックしながらお薬を作ります。 処方内容に不明な点があった場合は医師に照会し、内容が変更となる場合があります。
入院している患者さんには、内服薬は一包化しています。外来の患者さんには原則PTPシートで払出しますが、医師の指示により一包化することも可能です。
(ただし製剤の安定性の問題上、一包化に適さない薬剤は
PTPシートで払い出しています。)


















2)外用薬
内服薬及び注射薬を除いた、人体へ直接用いる全ての薬剤の総称、つまり飲用せず直接患部に投与する薬剤のことを言います。
当院には吸入薬、貼付剤(湿布、パッチ類)、軟膏・クリーム、点眼剤、坐剤などがあります。

3)注射剤
注射剤は、皮膚内や体内に直接投与する薬剤のことを言います。
薬の内服が困難な場合や、迅速な治療を必要とする場合などに使われます。
その他、持効性抗精神病薬といって、毎日薬を飲む代わりに、一定期間に1回注射することで数週間効果が持続する薬剤もあります。これにより、飲み忘れなどによる薬効の低下を防ぐことができます。
注射剤も内服薬と同様に医師の発行した処方箋に基づき調剤します。注射剤は何種類か混ぜて使う場合もありますので、その際に各薬剤の安定性が悪くならないか、混濁しないか、投与方法は適切か等を調べた上で調剤します。

医薬品管理業務

治療に必要な医薬品の発注、在庫管理をしています。
薬には、それぞれ保管に適した温度が決まっているため、それらに合った環境で保管しています。
医薬品には使用期限が設けられているため、月に1度、期限をチェックしています。

医薬品情報管理

医薬品の情報は日々更新されていきます。新しく発売されたり、効能が追加されたり、また新たな副作用が見つかる場合があります。製薬企業などから情報を収集し、医師やその他の医療スタッフに情報を伝達しています。


服薬指導

医師の依頼により入院患者さんに実施しています。 安心してお薬を使っていただけるように、薬剤情報提供書を用いて内服薬の効能・用法・副作用などの説明を行います。

治験

新たにお薬を開発するには、実際に人に投与して有効性や安全性について調べる臨床試験(治験)を行う必要があります。
この臨床試験によってお薬のデータを収集し、厚生労働省から承認を得るとお薬は実際に使用できるようになります。
当院でもこの治験業務を行っており、数々の医薬品の開発に貢献してきました。
詳しくは医師にご相談ください。

院内活動の紹介

(チーム医療)

感染制御チーム:ICT(Infection Control Team)
医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、および薬剤師がチームになり、院内で発生する様々な感染症から患者さんや職員の安全を守るために活動しています。
活動状況: ミーティング月一回、院内ラウンド週1回
院内感染対策キャンペーン(年2回)、ICTニュース発行(月1回)
消毒薬マニュアル等の作成、消毒薬・抗菌薬等使用量調査
院内感染対策研究会(年2回)

褥創対策委員会

医師、看護師、栄養士、検査技師、薬剤師、事務官がチームになり、活動しています。
週一回の病棟ラウンドと2か月に一度全体会議を行っています。
会議では褥創の発生状況及び被覆材について検討しています。
年に数回、病院スタッフ向けに褥創の勉強会を開催しています。

医療安全推進担当者会議

医師、看護師、放射線技師、臨床検査技師、作業療法士、ソーシャルワーカー、心理士、栄養士、事務官、及び薬剤師で構成されます。患者さん及び医療従事者の安全と安心を確保し、期待される医療の質を保持するよう努めます。
活動: 月1回

転倒・転落事故防止、誤薬防止部会として活動しています。実際に起こった事例を分析し、その結果などを部会ニュースとして月1回発行しています。

ARP(アルコール依存症社会復帰プログラム)にて講義

(ARP:Alcoholism Rehabilitation Program:)
治療に用いられる薬剤について、説明しています 患者さん自身がお薬の知識を得ることで、薬を飲むことの意義を理解し、積極的な治療の参加につながるように努めています。

薬剤科の業績

2012年12月
The Second Kurihama - Pusan Joint Workshop
CURRENT STATUS OF THE USE OF ANTIALCOHOLIC DRUGS IN JAPAN
2014年3月
The Third Kurihama - Pusan Joint Workshop
PHARMACOTHERAPY OF ALCOHOL DEPENDENCE: STATUS OF USE OF ACAMPROSATE AT OUR CENTER
2014年10月
The 16th ISAM World Congress in Yokohama
PHARMACOTHERAPY FOR ALCOHOL DEPENDENCE: STATUS OF ACAMPROSATE USE AT OUR CENTER

学生実習受け入れについて

当院では、薬学生の実務実習を受け入れています。
実習をご希望の方はご連絡下さい。
久里浜医療センター代表:046-848-1550

薬剤科長

 

お薬Q&A

Q: 水なしで薬を飲んだり、水以外のもので飲んでも大丈夫ですか?

A: 薬は本来、コップ一杯程度の水やぬるま湯で溶けることを  前提として作られています。
水なしで薬を飲むと、喉や食道の途中で薬が張り付き、  粘膜を傷めることがあり危険です。
水以外の飲み物で薬を飲むと期待する効果が得られない場合があります。

薬は必ず、コップ1杯の水かぬるま湯で服用しましょう!
(注: 水なしで飲める薬もあります!(口腔内崩壊錠)

Q:  薬は食べ物の影響を受けますか?
A: お薬の種類によっては、注意が必要なものがあります。効果が出すぎてしまったり、逆に出にくくなる場合があります。医師の注意を守ってください。

例: ワーファリンと納豆・青汁・クロレラ、一部の降圧薬とグレープフルーツなど。

Q: テレビでよく紹介されている、ジェネリック医薬品とはなんですか?
A: 初めて世の中に誕生した薬を新薬といいますが、新薬を開発した製薬会社はその特許を一定期間持ち、その間は他の製薬企業はそれと同一の医薬品を作ることができません。
ジェネリック医薬品は、特許期間が過ぎたのちに製造・販売された医薬品です。新薬と同じ有効成分を使い、効き目、品質、安全性が同等なお薬です。開発費も少なくてすむため、薬の値段が新薬より安くなります。そのほか、製品によっては、大きさ、味やにおい、お薬の形態など、服用し易いように工夫したものも沢山あります。
久里浜医療センターでも、ジェネリック医薬品の使用を推進しています。

《保険薬局でお薬をもらう場合》院外処方せんの「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更不可」というチェック欄に医師のサインが無ければ、保険薬局で薬剤師と相談してジェネリック医薬品を使用することができます。

ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.