久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

電話でのお問い合わせ・ご予約は13:30〜15:00にお願い致します。

「ねじれ腸」について

 4月10日のテレビ朝日 「みんなの家庭の医学3時間スペシャル」で「腹痛を伴う便秘」の新たな原因として「ねじれ腸」の可能性をご報告しました。

 「ねじれ腸」を疑う問診として
1.子供の頃から便秘だった
2.腹痛を伴う便秘になったことがある
3.便秘の後、下痢や軟便が出たことがある
4.運動量が減った途端便秘になったことがある
2つ以上該当すると腸がねじれている可能性があると提示しました。

 「腹痛を伴う便秘」とは腸は動くものの便が出にくい(通りにくい)ため痛みを感じるものと考えられ、症状が@排便により軽快する、A排便頻度の変化をともなう、B便性状の変化を伴う、のいずれかを満たすことが多く前記3項目のうち2項目を満たす「便秘型過敏性腸症候群」と多くの共通点を持ちます。

 当院では「発症にストレスが関与しない過敏性腸症候群」では教科書的腸管と異なる腸管形態が多く見出されること、その多くが腸管形態に合わせたマッサージやエクササイズで改善すること(消化器心身医学2010; 17(1): 33-39)を報告しております。

 TV放映では教科書的腸管形態と異なる「腸管形態異常」をわかりやすく「ねじれ腸」と表現しました。しかし残念ながら現在のところ腸管形態を評価する分類は存在しません。

 私は慶應義塾大学解剖学教室の今西准教授と実際に献体30体の腸管形態を検討し、さらに排便障害の有る無し含め300以上のCTコロノグラフィーを検討しました。
ところが日本人の腸の形は100人100様で分類がないのも納得できる状況でした。私は実際に100例以上の大腸内視鏡をドイツで施行しましたが、日本人と違って欧米人の腸管形態は教科書的腸管形態がほとんどでした。腸管形態には明らかな人種差があります。

ほぼ教科書的な腸管形態
 

 腹痛を伴う便秘(過敏性腸症候群)の方の腸管形態

下行結腸のループ     下行結腸位置が中央   脾彎曲ループ,S状結腸挙上

 形態分類は困難なものの、「腹痛を伴う便秘」が有る方では@統計上有意に大腸内視鏡で盲腸に到達する時間が長く(検査困難)、ACTコロノグラフィーでは教科書的腸管形態と特に脾彎曲(左胸の下)・下行結腸・S状結腸の3箇所が「ねじれて」異なり自覚する腹痛の部位と一致し、B体をひねる運動を止めたことが発症契機で多いことがわかりました。

 大腸内視鏡が@「ねじれ」部位を通過するときに症状と同様の疼痛を自覚すること、A「ねじれ」部位の内視鏡通過に腹部の圧迫が有効であること、B発症契機に運動量低下が多いことからヒントを得て「ねじれ腸マッサージ」を考案したところ、従来治療の効果がなかった「腹痛を伴う便秘」の方の症状が著しく改善したというのが今回の放映内容です。

お願い
  • 腸管形態分類は現在のところ存在せず、「ねじれ腸」は教科書に記載されていません。したがって患者様が医療機関で「自分はねじれ腸ですか?」と聞かれても、現時点で医療機関での対応は困難です。
  • 「腹痛を伴う便秘」で「ねじれ腸問診でねじれ腸が疑われた方」は番組で提示したマッサージの効果が期待できます。注意事項(腹部疾患・腰痛がないこと、妊娠していないこと)を確認の上、マッサージを試してみてください。
  • 「腹痛を伴わない便秘」は腸の動き自体が悪いことが多くマッサージの効果はあまり期待できません。従来の治療や生活習慣の改善が重要です。
  • 便秘の原因には腸の捻れだけではなく大腸・直腸癌や腸の炎症もあります。血便や最近起きた腹痛、体重減少がある方、40歳以上の方は大腸検査を含めて一度医療機関を受診してください。


IBS・便秘外来 受付月曜 金曜 8時30分から11時 水上健


ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.