久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

電話でのお問い合わせ・ご予約は13:30〜15:00にお願い致します。

「落下腸」について

従来の治療やエクササイズが効きにくい頑固な便秘の原因の一つ「落下腸」は6月25日テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」で放送されました。

「ねじれ腸」の放送まで
これまで当院は教科書のような四角い腸ではない「腸管形態異常」を持つ人が「ストレスの関与がない過敏性腸症候群」や「腹痛を伴う便秘(便秘型過敏性腸症候群)」を引き起こすことを論文として報告し(水上健、鈴木秀和、日比紀文。過敏性腸症候群(IBS)における大腸鏡検査−運動異常型(ストレス型)IBSと形態異常型IBS− 消化器心身医学2010; 17(1): 33-39.)、昨年4月の同番組で「ねじれ腸」として放映されました。

当院は無麻酔でも苦痛が少ない大腸内視鏡挿入法「浸水法」を開発し国内外に発信しております。我々は慶應義塾大学解剖学教室で実際に日本人の腸管形態を検討して「浸水法」を開発しましたが、実は便が出にくい「ねじれ腸」は内視鏡を非常に入れにくい腸でもあります。

そこで、大腸内視鏡をする上で「ねじれ腸」対策として患者自身がおなかを圧迫して(介助者がおなかを圧迫すると腹筋が緊張して効果が減弱します)腸のねじれや曲りを補正して内視鏡挿入を容易にする方法を考案して「自己腹部圧迫法」として従来の介助者が患者の腹部を圧迫する方法への優位性を報告しております。

この「自己腹部圧迫法」をストレス関与のない過敏性腸症候群や腹痛のある便秘に応用したのが「ねじれ腸マッサージ」でテレビの実験でも大きな効果を示し、実験に参加された方から1年以上たった現在も効果が持続しているとご連絡を頂いております。

腹痛を伴う便秘の「ねじれ腸」は大腸の動きは悪くないが、大腸がねじれていて便が出にくいため腸の動きで腹痛を感じています。大腸の動き自体は悪くないので、腸のねじれをマッサージでゆるめてあげれば自然とお通じがよくなるというのが原理です。
つまり内視鏡を入れやすくする方法が便を出しやすくする方法でもあったということです。

「ねじれ腸」の放送後
放映後、「ねじれ腸マッサージ」は非常に大きな反響があり、昨年12月には「ねじれ腸マッサージ」の本を出版しました。

ところで日本人の大腸の形は本当に人それぞれで一つの方法でカバーするのは困難です。
実際の外来では患者様それぞれの大腸の形に合ったマッサージをレントゲンや内視鏡などの検査で検討することによりオーダーメードで指導しております。

「ねじれ腸マッサージ」はこれまで診た多くの患者様たち、その最大公約数として約80%程度の方をカバーするようにして設定しております。

そして本を出版して5か月たち、驚きの事実がわかってきました。

出版前までは受診される患者様の大部分、約80%は「ねじれ腸マッサージ」が非常に有効な「ねじれ腸」の方たちでした。
ところが出版後の4月以降はその方たちが激減し、「ねじれ腸マッサージ」や運動が効きにくい「落下腸」の方達が約80%を占めるようになってしまったのです。

最近の患者様方のお話を伺うと、本を読んでからいらっしゃる方が多く、これまでの薬や食事療法、運動療法が効かず「ねじれ腸マッサージ」はほんの少しだけ効果があるけれど何とかならないものかというのが来院動機のようです。
つまり通常の「ねじれ腸」はマッサージで解決して来院される方が減ってしまったが、「ねじれ腸マッサージ」の効果が不十分な「落下腸」の方たちが主にいらっしゃるようになったという事が真相のようです。

 

「落下腸」について
「落下腸」は今回の放送に合わせて付けて頂いた名前で医学用語ではありません。
教科書に載っている腸管形態は上行結腸・下行結腸という体の両側を走行する大腸が後腹膜に埋まって固定されて動かないことになっています。
ところが体ができる過程で上行結腸・下行結腸が固定されず腸間膜という膜だけでぶら下がっている状態になることがあります。総腸間膜症と言われることもありますが、腸間膜はCTでは映らないので実際は仰向けと立位のレントゲンを撮って立位で大腸が骨盤内に落ち込むことで確認されます。
通常の生活では太ってなくてもおへそから下が若いころから出っ張るタイプの人が多いようです。

立位・逆立ちでの大腸の移動(腸の形の変化トレース)    

「落下腸」の方は立位では大腸の大部分が骨盤に落ち込み、逆立ちになると元の位置に戻ることがわかる。
便秘になったことのない方では腸の形は教科書通り四角く、逆立ちでも腸の位置が動かないことがわかる。

「落下腸」では腸を固定する部分がないため通常の生活を送る立位や座位では大腸が骨盤内に折れ曲がって落ち込んでいます。骨盤内に大腸がはまり込んでいるので、通常の便秘には非常に効果のある運動もあまり改善効果がなく、治療に苦渋することが多いです。
「ねじれ腸」はねじれた部分を便が通りにくい状態でしたが、「落下腸」では複雑に折れ曲がった部分を便が通りにくい状態です。

特に大腸内視鏡をする上で、「落下腸」は最困難症例です。頻度としてはさほど多くなく、大腸癌健診での感触からいうと全体の5%程度、頑固な便秘の20%程度ではないかと思います。いらっしゃる患者様にそれまでの大腸検査のことを伺うと麻酔の有無にかかわらず、ほぼ全員がとても高度の疼痛を経験されており盲腸までできなかった方も多いです。

我々は「浸水法」と困難症例での苦痛を著しく改善する先端柔軟大腸鏡PQ260を駆使すると同時に、「落下腸」の方にご自身で腸を持ち上げて固定するようにおなかを圧迫してもらうと麻酔がなくても苦痛なく笑顔で大腸内視鏡ができることを発見しました。そしてそれが今回の「落下腸マッサージ」のコンセプトです。

 

落下腸マッサージについて
大腸癌や炎症性腸疾患、他の身体疾患からも便秘になることがあります。
血便や発熱、体重減少がある方、40歳以上の方は一度病院を受診して、念のため体に異常がないことをご確認ください。

「ねじれ腸」も「落下腸」も私が知る限り日本人に特有の状況で、ほぼ全員が四角いシンプルな腸の形をしている欧米の教科書に準ずる日本の教科書には掲載されていませんので現時点で医療機関へのお問い合わせは難しいと思います。

  • 検査で何も異常がないが大腸内視鏡が非常に大変だった。
  • ねじれ腸アンケートhttp://www.kurihama-med.jp/endoscope/nejire.html
  • 立ち上がるとへそから下が出っ張る(「落下腸」)
  • 運動やマッサージが効きにくい(「落下腸」)

と言ったことが参考になります。

「落下腸」でも激しい運動を毎日している人では快便の方もいらっしゃいます。
マッサージは運動がもたらす腸への良い影響を少ない時間・負担で再現するものです。

原則として便秘は食生活、生活習慣、排便習慣などを改善することが重要です。
マッサージやエクササイズは食事療法や内服薬の効果を増強する作用があります。


ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.