久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

電話でのお問い合わせ・ご予約は13:30〜15:00にお願い致します。

先端柔軟大腸内視鏡と浸水法のコンビネーション

「先端柔軟大腸内視鏡と浸水法のコンビネーション」が大腸内視鏡検査困難患者の検査時間を有意に短縮し、かつ苦痛をも有意に軽減することがWorld Journal of Gastroenterologyに掲載されました

これまで私たちは無麻酔でも苦痛が少ない大腸内視鏡挿入法「浸水法」を開発・報告し、先端柔軟大腸内視鏡の苦痛軽減効果について報告しております。
今年5月のSanDiegoでの Digestive Disease Week(世界で一番大きな消化器の学会)での発表をきっかけに投稿依頼があり、World J Gastroenterol 2012 August 28; 18(32): 4454-4456に掲載されました。

本日、従来型大腸内視鏡を3回経験している方が先端柔軟大腸内視鏡による検査をしました。この方はCTコロノグラフィーで見るとS状結腸がきついヘアピン状にねじれており、浸水法を使っても従来型大腸内視鏡ではヘアピン状にねじれた部位の通過に毎回痛みを伴っていました。
今回の感想を聞いたところ従来の大腸内視鏡での痛みを10とすると先端柔軟大腸内視鏡は0、痛みどころか内視鏡が入っている感じすらしなかったとのことでした。もちろん無麻酔での話です。

これからも安全で苦痛の少ない検査法の開発・改良に努めます。

ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.