久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

アルコール科

久里浜医療センターについて

特徴

  • 約50年前(昭和38年)からアルコール依存症治療を行っている日本でも最も歴史のあるアルコール医療機関の一つ
  • 日本で最大のアルコール依存症治療施設
  • 豊富な診療実績と、エビデンスに基づく治療
  • 日本におけるアルコール依存症研究の中心
  • 世界保健機関(WHO)の研修・研究機関

久里浜医療センターは、昭和16年に設立された横須賀海軍病院野比分院が母体となっています。終戦に伴い厚生省に移管され、昭和22年には国立療養所久里浜病院となっています。
当時は結核療養所でしたが、戦後、飲酒量が急激に増大し、飲酒問題が大きな社会問題となったことを受け、昭和38年に河野裕明、堀内秀(ペンネーム:なだいなだ)両医師を中心に、国立病院としては初めて当院にアルコール依存症治療病棟が設立されました。その後は、我が国におけるアルコール依存症治療の中核として発展しています。
現在、概ね160名以上のアルコール依存症の方が常時入院されており、飲酒の問題による初診者数は年間約800名に上る日本最大のアルコール依存症治療施設です。平成24年4月からは、アルコール医療だけでなく様々な医療に取り組んでいることを踏まえ、「久里浜アルコール症センター」から現在の「久里浜医療センター」に名称を発展的に変更しています。
また臨床だけではなく、様々な研修や研究も行っており、平成元年には世界保健機関(WHO)のアルコール関連問題研究・研修センターの認定を受けています。昭和50年度からは、厚生労働省の委託により“アルコール依存症臨床等研修”が、医師、看護師、保健師、精神保健福祉士などを対象に年2回行っており、これまでに5,000名以上が修了し、我が国におけるアルコール医療の人材供給の役割を果たしています。

 

 


















ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.