久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

アルコール科

アルコール依存症の診断基準

特徴

  • アルコール依存症の診断基準には主に世界保健機関(WHO)が作成したICD-10の依存症候群が用いられるが、米国精神神経学会が作成した診断基準であるDSM-W-TRもよく使用されています。
  • 診断は基本的に医師により行われます。
  • 現在、DSM,ICDともに改訂作業が進行中です。

ICD-10によるアルコール依存症(alcohol dependence syndrome)の診断ガイドライン

過去1年間に以下の項目のうち3項目以上が同時に1ヶ月以上続いたか、または繰り返し出現した場合

1. 飲酒したいという強い欲望あるいは強迫感
2. 飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して行動を統制することが困難
3. 禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
4. 耐性の証拠
5. 飲酒にかわる楽しみや興味を無視し、飲酒せざるをえない時間やその効果からの
回復に要する時間が延長
6. 明らかに有害な結果が起きているにもにもかかわらず飲酒

注意: 項目の内容を簡略化してある。
DSM-IV-TR(米国精神医学会)によるアルコール依存症(alcohol dependence)診断基準

同じ12ヵ月の期間内のどこかで、以下の項目のうち3項目以上が出現した場合

1. 耐性の存在
2. 離脱症状の存在
3. はじめのつもりより大量に、またはより長期間、しばしば飲酒
4. 禁酒または減酒の持続的欲求または努力の不成功
5. アルコール入手、飲酒、または飲酒の作用からの回復に多くの時間を消費
6. 飲酒のために重要な社会的、職業的、または娯楽的活動を放棄または減少
7. 精神的・身体的問題が飲酒によって起こり、悪化していることを知っているにも
かかわらず飲酒を継続

注意: 項目の内容を簡略化してある。

 


















ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.