久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

精神科



修正型電気けいれん療法

modified electroconvulsive therapy (m-ECT)


★電気けいれん療法とは?


イラスト 電気けいれん療法は、頭部に電極をつけて十数秒間電流を流し、脳にけいれんを起こしたのと同じ状態を作り出すというシンプルな治療法ですが、通常の薬物療法では改善が見られない難治性のうつ病や統合失調症のスタンダードな治療法として、様々な治療のガイドラインでも推奨されています。

 特にうつ病については、即効性もあることから広く用いられています。










当院では全身麻酔下に行う無けいれん性の修正型電気けいれん療法を麻酔科医、精神科医、看護師の連携のもと行っております。


  当院での電気けいれん療法には一ヶ月程度の入院が必要になりますので、ご興味のある患者様については、かかりつけ医療機関の主治医の先生にご相談の上、主治医の先生より当院医療連携室までご連絡いただきますようお願い申し上げます。



                                               久里浜医療センター医療連携室
                                               電話(代表):046−848−1550



ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.