久里浜医療センター

WHO (世界保健機関) アルコール関連問題研究・研修協力センター

  • HOME
  • サイトマップ
  • English

ネット依存治療部門(TIAR)

特徴

  • 長年の依存症治療の実績にもとづく治療
  • エビデンスにもとづく治療の提供
  • 家族の相談にも応じる体制
  • 研究や最新情報収集に取りくむ

ネット依存治療研究部門(TREATMENT OF INTERNET ADDICTION AND RESEARCH)について

近年のインターネットの普及、およびそのサービスの発展はいちじるしく、わが国でもインターネット嗜癖(本治療研究部門では一般的な「ネット依存」という用語を使います)におちいる人々の増加がけねんされています。我々の2008年の調査によると、20歳以上でネット依存が疑われる者は全国で270万人にのぼることが推計されました。となりの韓国や中国では長時間連続してオンラインゲームを利用して死亡する事故も起きており、大きな社会問題になっています。アメリカでもインターネットに長時間をついやすことから離婚や解雇など深刻な問題が起きており、その治療に注目が集まっています。しかし、わが国ではネット依存の治療に専門的に取り組んでいる施設はまだありません。このため、当院では、長年の依存症治療でつちかった専門性をもとに、2011年7月よりネット依存治療研究部門(TIAR)を開設し治療を開始しました。当センターでは、ネット依存治療を行うとともに、ネット依存に関する研究と最新の治療情報収集にも取り組み、よりよい治療を提供してまいります。

受診の流れ

staff
受診の流れ

第3回インターネット依存国際ワークショップ

    ・詳しいワークショップご案内(PDF)はこちらから

第2回インターネット依存国際ワークショップを終えて

    ・第2回インターネット依存国際ワークショップ(IIAW)を終えて

第2回インターネット依存国際ワークショップのお知らせ(終了致しました)

第1回インターネット依存国際ワークショップを終えて

第1回 インターネット依存国際ワークショップのお知らせ(終了致しました)

ページTOPへ
Copyright(C)2010 National Hospital Organization Kurihama Medical and Addiction Center. All Right Reserved.